So-net無料ブログ作成
検索選択

年末年始

31日

昼頃起きて、まずは池袋へ。
例年、31日にもなると帰省ラッシュも一段落して、
新幹線の席も余裕で取れるのだが、
今年はいつもよりちょっと時間が早かったせいか、
あるいは昨日のダイヤの乱れが影響しているのか、
一時間半ほど先の、のぞみの席しか取れなかった。
自販機で指定席の切符を買ってから、
やむなく、池袋のタワレコで一時間ほど潰す。
東京駅で実家へのお土産と駅弁を買って、新幹線に乗り込む。
動き出すなり、海鮮弁当を食べながら、今年最後の“ヲタめし”を聴く。
そのあとは缶コーヒーを飲みつつ、キンクスのシングル・コレクションを聴きながら、
浅田次郎『御腹召しませ』を読む。
そうこうするうちに新大阪着。
なんとなく、そのまま実家に向かう気になれなくて、
駅地下のドトールでコーヒー飲んで時間を潰す。
もちろん、いつまでもそうしているわけにもいかないので、
思い切って腰をあげ、実家へ帰る。
実家に着くと、ちょうと紅白をやっていた。
もう、七十を超すウチの母親は“羞恥心”が好きらしい。


1日

明けて元旦。
昼過ぎに長兄、次兄が家族を連れてお年始にやってくる。
あと、親戚の叔母夫婦も。
雑煮を食って、おせちをつついて、甥っ子、姪っ子にお年玉をやって……と、
例年の光景の繰り返し。
途中、高校生の甥っ子が持ってきた『マジック・アワー』のDVDを観る。
どうやら、三谷幸喜が好きらしい。
あと、三国志も好きな模様。
おじさんは、三国志の武将を女体化した愉快なアニメを作ってるんだよ」と
言ってやったら、どんな顔をするだろうか。
夕食にカニすきを食ってから、親戚連中が家族共々引きあげる。
入浴後、『ケータイ大喜利』を観てから寝る。


2日

今日は母親と初詣に行って、一日相手をする予定だったのだが、
昼過ぎから調子が悪くなる。
頭が痛くて顔は熱いのに、指先がむちゃくちゃ冷たい。
熱を計ってみたら、39℃近くあった。
やむなく、薬を飲んで寝ることに。
夜、起きて、おかゆを少し食べる。
薬が効いたのか、明け方には熱も下がって、やや回復。


3日

まだ、多少カゼっぽいが、昼過ぎに母親と一緒に家を出る。
近所のファミレスでコーヒー飲みつつ、母親の話を聞いてやる。
その後、近所の神社で初詣。
おみくじを引いたら小吉だった。
最寄りの駅で別れて、まずは難波へ。
そこのタワレコでちょっと時間を潰してから新大阪へ。
駅弁を買って、のぞみに乗る。
帰りの新幹線、喫煙席しか取れなくて、それがちょっとつらかった。
ちょっとぶり返したのか、列車の中では夢うつつ。
帰宅するなり、薬飲んで寝る。


4日

薬を飲みつつ、一日寝て過ごす。
夜にはかなり回復して、カップうどんを喰う。
なんともシケた年のはじまりであることよなぁ……と、しみじみ思う。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。