So-net無料ブログ作成

やっと気付いた

ああ、そうか!
『カードライバー翔』に出てくる“イーグルケンサク”って、Google検索のもじりなのか!
nice!(0)  トラックバック(0) 

26日のこと

ココイチで、カレーきしめんというのを試してみる。
まあ、まずくはないけど、あえて食べてみるほどでも……という感じ。
とりあえず、山盛りのカツオ節はカレーとの相性がイマイチだと思った。
その後、マクドに行ってコーヒー飲みながら、広瀬正の『T型フォード殺人事件』を読む。
nice!(0)  トラックバック(0) 

25日のこと

ミスドで中華ドッグを喰いながら読書。
連城三紀彦の『白光』を読み終えたので、
山口雅也の『チャット隠れ鬼』に取りかかる。
nice!(0)  トラックバック(0) 

24日のこと

今日は雨なので、一日家に引きこもって、黙々とシナリオを書く。
晩飯を喰いながら『ダーウィンが来た!』を見る。
番組で今回取りあげられていたのは、ジリス(砂漠に住んでるリスらしい)。
ナレ「アカシヤの枝から落ちた豆を食べているんですね」
オレ「『アカシヤのマメが降る』っちゅーヤツですな」
ナレ「それぞれが独立した巣穴で生活しています」
オレ「ジリスだけに、ジリス心(自立心)が旺盛なことで」
……とか、いちいちナレーションにツッコミながら楽しく食事。
nice!(0)  トラックバック(0) 

22日のこと

ジョナで晩飯。
腹がふくれたせいで強烈な眠気に襲われるが、
なんとかこらえて、書きかけのプロットを最後まで仕上げる。
作業中に聴いた『ラジオラインバレル』がおもろい。
nice!(0)  トラックバック(0) 

ゲンナリ(19日)

ここ何日か懸案事項だった親戚がらみのトラブルにケリをつける。
大変無駄な労力を使わされて、ゲンナリ。
しかし、まあ、厚顔無恥なヤツってのはいるもんだね。やれやれ。

nice!(0)  トラックバック(0) 

原稿チェック(18日)

昨日、受け取ってきたムック原稿をチェックして、修正箇所をメールで送る。
作業量自体はそれほどでもないけど、なんかドタバタして、ちょっと疲れた。
nice!(0)  トラックバック(0) 

ライブ『THE WHO』(17日)

今日は、またまた添野さんに誘われて、THE WHOの武道館公演に。
例によって、待ち合わせはお茶の水のユニオン。
その前に、某ムックのインタビュー記事、今日になってスタジオにまわってきたものを、
どうしても明日までにチェックして戻してほしいと言われたので、
大泉学園で降りて某スタジオに寄り、原稿を受け取る。やれやれ。
その後、お茶の水の回転寿司で腹ごしらえしてから、
ジャズ館で買い物していると添野さん到着。
ふたりでサ店に移動して、しばらくダラダラ。
開場時間が迫ってきたので、徒歩で九段下へと向かう。
途中、神保町で、
添野さん曰く「おそらくは日本でいちばん早くミュージックマガジンの最新号が手に入る店」で、
ミュージックマガジンを買う。
添野さんが逸る心を抑えきれなかったため、
開場時間よりもちょっと早く武道館に到着。
しばらく、周囲の植え込みのあたりで時間を潰してから入場。
んで、肝心のライブですが、当然ながら、しょっぱなから総立ちで、
思った以上に現役感のあるステージでした。
なによりもロジャーのコンディションがよさそうだったこと、
それから、やっぱりザックの存在が大きい気が。
あと、終わってから気付いたんだけど、
よく考えたら、今どき、マイクにコードなんかつなげる必要ないんだよね。
あれは、ある意味、小道具なのか(笑)
ライブのあとは、さくら水産でメシ。そして、解散。
nice!(0)  トラックバック(0) 

映画『レッドクリフpart1』(16日)

今日は後輩のFREKIくん、マイミクの下っ駄さんと三人で『レッドクリフ』を観た。
part1は、いわゆる、赤壁の戦いに入る前に終わると聞いていたので、
時系列的に、もう少し前のあたりからはじめるのかと思ったら、そうでもなかった。
それはさておき、三国志モノは数あれど、あんなに腕っ節の強い周瑜は初めて見たよ。
わかりやすくするために、ちょっと単純化しすぎな部分も感じられたけど、
尺が長いわりに退屈せずに観られた。
前後編の前編なので、しょうがなくはあるんだろうけど、
ラストで、もう一盛り上がりほしかったかも。
映画のあとは、焼き肉→本屋→サ店。
アニメの温泉回だけ集めた上映会とかしたいよね、とゆーよーなハナシをだらだらとする。
nice!(0)  トラックバック(0) 

15日のこと

今日は、かつやでエビ玉チーズ丼を食べた。
タレがトマト系で、ごはんに合うかどうかと思っていたが、意外にうまかった。
家に帰って、連載コラムの最終回を書く。
思ってた以上に手間取って、明け方近くまでかかる。
そのあいだは胃が重くて、さして空腹を感じなかったのだが、
一仕事終えた途端に、ぐぅーッと腹が鳴り、
我ながら、「なんだ、その、ゆるゆるコメディの一コマみたいな展開は!」と思った。

nice!(0)  トラックバック(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。